硫黄のはなし・トピックス

ゴムと硫黄

2015.09.04

1839年、アメリカ人チャールズ・グッドイヤーはゴムに硫黄を混ぜ加熱することにより、ゴムの性質を替え耐久性を持つことを発見しました。
この発見が加硫ゴムの開発につながりゴムの歴史が変わりました。
加硫とは生ゴムなど加工時に、弾性や強度を持たせるために、硫黄などを加える工程のことです。

← 一覧へ戻る